ARTIST 出演

坊主バンド

坊主バンド

※法事の具合によって編成は変動します。

色即是空男(しきそくぜくお)

ボーカル、琵琶、ギター担当。

坊主バンドのリーダー。"エクボは涅槃の落とし穴"。全ての作詞作曲をし、その独自のセンスは南無いソングを作り出す・・・つまり方々からよく怒られる。

彼岸田盆(ひがんだぼん)

ボーカル、ハープ、木魚、おりん担当。

"娑婆を駆ける剃髪の異端児"。歌唱力のなさを愛嬌でカバーしようとする、お喋り坊主。エッジのきいたMCは会場を笑いで包み込む・・・つまりよく方々から怒られる。

朝野白粥(あさのしらがゆ)

ドラム担当。 

"煩悩の数だけ抱きしめて"。坊主バンド最後の良心。どうしても攻めすぎちゃう是空男と盆を「それヤバすぎます、殺されます。」と止めてくれる裏リーダー。

涅槃崎悟(ねはんざきさとる)

ギター担当。

"俺の数珠がこんなに可愛いわけがない"。メンバー唯一のシュッとしている葬儀屋ボーイ。他の楽器も器用にこなし、たりないところを埋めてくれる都合のいい男。

虚無尺僧八(こむしゃくそうはち)

尺八、コーラス担当。

"みーんなの目線を、網目の中からいただきこむむ"。コミカルな動きと、おそらく史上初の「尺八ハンドマイク」で魅了する正体不明の男。網目の隙間からメガネがチラッと見えるので視力は悪い予想。

遍路周郎(へんろまわろう)

ベース担当。

"御朱印はディナーの後で"。

伏山法螺介(ぶしやまほらすけ)

キーボード、ウインドシンセ担当。

"シンセ弾き鍵盤ゲリオン"。

三宝ガチャ美(さんぽうがちゃみ)

4連木魚、ベース、コーラス担当。

"連続木魚小説、尼ちゃん"。卓越したポクポク技術と、透き通るような美声で魅了する坊主バンドの紅一点。
メンバー全員がラフな格好でタリーズコーヒーしてるところに、ガッツリ衣にリュック背負うという突飛な格好で現れ度肝を抜いた。

YOUTUBE

※お使いのブラウザには対応しておりません。以下より最新版をダウンロードの上ご利用ください。DOWNLOAD