ARTIST 出演

Shout it Out

Shout it Out

大阪府堺市の高校の軽音楽部で、入学直後の2012年4月に結成。
結成当初はKANA-BOONのコピーバンドとして、ライブハウス・堺Tick-Tuckを拠点に活動を開始。

「十代白書?頂上決戦2014?」のファイナルへ進出したことを皮切りに、大型サーキットやコンテストに相次いで出演し、高校時代から大阪のバンドシーンに頭角を現しはじめる。

2015年からは地元・大阪以外での活動も本格化させ、閃光ライオット時代から含めて3度目の挑戦となった「未確認フェスティバル2015」で念願のファイナルステージへの進出を果たし、3,254組の中からグランプリを獲得。
その後、タワーレコードの新人発掘レーベル・FIRE STARTERより数量限定リリースしたシングル「17歳」が、発売からわずか1ヵ月で完売するなど、一躍10代バンドを牽引する存在となり、同世代の音楽ファンを中心に支持を集める。

前ドラマーの脱退を機に、同年10月に細川千弘がサポートメンバーとして加入。12月に正式加入し、ほぼ同時にリーダーに着任。
Eggsレーベル第一弾アーティストとしてミニアルバム「Teenage」をタワーレコード限定でリリースし、アーティスト活動を本格始動。

2016年3月にはドラマ「ニーチェ先生」の主題歌に起用された「ハナウタ」を収録するEP「僕たちが歌う明日のこと」を、初の完全全国流通盤としてリリース。
7月にSUPER BEAVERのギタリスト・柳沢亮太をプロデューサーに迎えたシングル「青春のすべて」で、平均年齢19歳でポニーキャニオンよりメジャーデビューを果たす。

9月3日のライブをもって、ギターとベースが脱退。
山内と細川の2名編成に随時サポートメンバーを迎えるというスタイルで、新体制での活動をスタートさせた。

「僕らの春は、まだ青い」

YOUTUBE

※お使いのブラウザには対応しておりません。以下より最新版をダウンロードの上ご利用ください。DOWNLOAD