ARTIST 出演

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN、略称ディスジャパ
2011年先輩(杉森・かわむら)後輩(koyabin・水元)である4人が、大学在学中にTHIS IS JAPANを結成し、新宿Motionを中心にライヴハウスでの活動をスタートさせる。
2012年9月30日 1st mini album「ジャポニカ学習装置」、2013年10月26日2nd mini album「URUSEI BOKURA」発売。
2014年8月14日 には初の全国流通となる1st Full Album「THIS IS JAPAN TIMES」を発売。
2016年8月3日には全国流通2枚目となるMini Album「DISTORTION」を発売。この頃から年間40〜50本のライヴを行い、"下北沢サウンドクルージング"、"CONNECT歌舞伎町Music Festival " "パナフェス!! " "Tokyo Calling" など、フェスにも多く出演。
2017年12月、2度目のワンマンライブを下北沢シェルターで行い、破壊力のあるライブで満員の会場を震撼させた。そして、2017年11月22日には、メインストリームにとって変わる可能性を持った18組のアーティストに声を掛けた、通称オルタナコンピ(CD)"NOT FORMAL ?NEW ALTERNATIVE?"を企画・制作。初回生産分が発売初日でメーカー在庫がなくなるという、コンピでは昨今稀な現象を起こし、注目度がさらに上昇した。
2018年5月2日、オルタナティブアティテュードにTHIS IS JAPANなりの解釈を加えた覚醒盤となる2nd Mini Album 「FROM ALTERNATIVE」が完成。同年10月12日公開、三木聡監督作品映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞・作曲あいみょん)のアレンジ・演奏を担当。
10月7日Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2018 〜20th Anniversary〜に初出演、入場規制がかかるほどの熱量の高いパフォーマンスを見せた。10月15日には夜の本気ダンスのお誘いを受け "マジカル頭脳ツアー!!"にて2マンライブに参戦。11月7日公開、入江悠監督作品映画「ギャングース」の挿入歌に「SUNNY」を書き下ろす。
2019年は更にライブに磨きをかけ、6月9日自主企画でナードマグネットと、空きっ腹に酒と3マンを行い、移転前の十三ファンダンゴをこぶしの渦とモッシュの波で埋め尽くした。その後も、BAYCAMP 2018 TGIF前夜祭、Sound Cruising、見放題で、恒例化しつつあるトリを務め、7月27日 FUJI ROCK FESTIVAL'19(苗場食堂)、9月15日BAYCAMP2019にも出演。
11月13日THIS IS JAPAN監修第2弾となるコンピCD『NOT FORMAL? NEW CHALLENGER ?』を発売、前回よりアーティスト数が増え19組のアーティストが参加し前作同様話題となる。
2019年11月27日3rd EP『WEEKENDER』を発売。約50曲のデモ曲中から、今のTHIS IS JAPANとこれからのTHIS IS JAPANを橋渡しする作品を完成させた。また、『WEEKENDER』のリード・トラック"グルメ"のMV(山田健人監督)は狂気とロマンが同居した荒々しくも美しい映像美が話題となった。
2020年2月11日 1st Digital Single『Not Youth But You』を発売。この作品をもって、THIS IS JAPANはKi/oon Music よりメジャーデビュー。5月20日には2nd Digital Single「HEARTBEAT」を発売、7月29日にはメジャー初となるCD single「new world」(TVアニメ『ノー・ガンズ・ライフ』第2期EDテーマ)を発売。その後制作を続け、2021年8月25日に約1年ぶりとなるCD single「ボダレス」(アニメ『SDガンダムワールド ヒーローズ』第2クールオープニングテーマ)を発売。

YOUTUBE

WEBSITE

※お使いのブラウザには対応しておりません。以下より最新版をダウンロードの上ご利用ください。DOWNLOAD